当薩摩地区は、鹿児島県の北西部に位置し、薩摩川内市、さつま町の1市1町からなっています。

 水稲を中心とした農業で、畜産、お茶、施設園芸(いちご、トマト)や南高梅の栽培や全国有数の竹林面積を有しています。

 観光地としては、紫尾温泉、鶴田ダム、川内原発等があります。

 葉たばこは、集団地を中心に耕作されています。
平成25年履行確認
耕作人員     12名
耕作面積  2,130.8a
1人当面積   177.6a

市町村別履行確認面積
市町村名 耕作
人員
耕作
面積
1戸当
面積
薩摩川内市 4 512.5 128.1
さつま町 8 1,618.3 202.3
12 2,130.8 177.6

甫立集団地
宮之城町

*地図に戻る*