揖宿事務所区域
 当指宿産地は、慶長元年(西暦1600年)に長崎伝来より10年も古く栽植されたといわれる伝統ある銘葉産地です。
  
 薩摩半島の最南端、鹿児島湾口に位置し、葉たばこは指宿市(旧山川町、開聞町)で栽培され、温暖で風光明媚な産地です。

 また、さつまいも伝来の地(指宿市山川岡児ヶ水)でもあり、2005年にはさつまいも伝来300年の記念イベントも開催されました。
 
 観光地として中央部に九州一の大きさを誇る池田湖、南西部には標高924mの薩摩富士と呼ばれる秀峰開聞岳、南部には南国ムード漂う長崎鼻、指宿温泉や、世界に類を見ない天然砂むし温泉、周辺地域が水の郷百選に認定されている唐仙峡、JR日本本土最南端の駅(西大山駅)、フラワーパークかごしま等があります。
  平成25年履行確認
耕作人員       15名
耕作面積   2,720.0a
1人当面積    181・3a
市町村別履行確認面積
市町村名 耕作
人員
耕作
面積
1戸当
面積
指宿市
(旧山川町・開聞町)
15 2,720.0 181.3
15 2,720.0 181.3

たばこほ場より霊峰薩摩富士を望む
JR日本本土最南端の駅(西大山駅)
*地図に戻る*